ストレートネックのチェック方法

細くて長い首は、女性のあこがれです。

でも、いくら細くて長くてもストレートネックになっていたとしたら、美しさは半減してしまいます。

ストレートネックとは、首が前に出て亀の首のようになってしまっている状態のことです。

美容面だけでなく、首コリ、肩こりに繋がるため、できれば治したいものです。

ひどい首コリ、肩こりがある方は、ひょっとしたらストレートネックかもしれませんよ?

ここでは、ストレートネックのチェック方法を紹介しております。

ストレートネックのチェック方法

壁を背にして直立します。

かかと、仙骨(骨盤周辺)、肩甲骨(肩周辺)、後頭部の4ヵ所がしっかりと壁につくかを確認してみてください。

写真のように後頭部に隙間があったり、どこかに無理をしないと4ヵ所設置することができない場合は、ストレートネックになっている可能性があります。

実際にストレートネックと診断されるには、整形外科でレントゲン撮影による診断や、当店のような理学療法治療院、整体院などで理学療法士や整体師が首周辺を触診することが必要です。ストレートネックになっているかどうか、気になる方は当店にご来店くだされば、触診によるチェックをさせていただきます。

整形外科でレントゲン診断をする場合は、首の湾曲が30度以下の場合、ストレートネックと診断されます。ちなみに正常な首の湾曲は30〰40度になります。

ストレートネックが及ぼす影響

ストレートネックになることで、

  • 肩こり
  • 首のこり
  • めまい
  • 手足のしびれ
  • 頭痛

が生じてきます。ストレートネックは首だけでなく、背骨全体が歪んでしまっていることもあります。

ストレートネック・二重アゴを改善するセルフトレーニング

ストレートネックや二重アゴを改善するセルフトレーニングをご紹介しております。バナーをクリックすれば紹介ページに移動します。

体のその他の部位のパフォーマンスや柔軟性もチェックしてみましょう!!

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEの掲示板

コースについてのお問い合わせやご予約はコチラ

お電話
095-964-8484
(火〜日11:00~20:00:月曜定休)
*早い時間の予約をご希望の方は予約申し込み時にお伝え下さい

Line
こちらよりRENEのLineアカウント追加ができます
(施術中や定休日は場合により、お返事に少々時間がかかることがありますがお店の地図やアクセス方法等をお送りすることができるので大変便利です)
メール
renebangkok2014@gmail.com
(迷惑メール等に振り分けられてしまうことがたまにあることから、気がつかないケースがあります。またお客様のメールアドレスの種類によっては返信ができないアドレスもありますので、できるだけラインや電話でご予約をお願いいたします)

LINEで問い合わせ »