首と肩のしくみを知りましょう!!

首は体重の10分の1(成人で概ね10ポンドのボーリングの球位の重さ)を占める頭を支えています。

さらに腕は左右約3㎏ずつあり、この腕を吊り支えているのが肩です。

これだけの重さの負荷が、毎日毎日、首と肩にかかっているので、首や肩こりが日常的に起こるのは当たり前のことだともいえます。

首と肩の仕組みを知れば、首や肩をしっかりとケアしてあげなければいけないことが分かっていただけると思います。

首と肩は筋肉で繋がっています

肩は、胴体と腕をつなぐ関節です。

上の図のように、肩の骨(肩甲骨)のくぼみに腕の骨(上腕骨)の丸い骨頭が収まり、いろんな方向に動く構造になっています。

この丸い骨頭を持つ関節のことを「球関節(きゅうかんせつ)」と言います。

さらに、この肩甲骨が胸郭(きょうかく):肋骨(ろっこつ)の上を滑って上方に動く構造になっています。

いろいろな腕の動きに対応する肩甲骨ですが、実は胴体の骨と直接つながっておらず、さまざまな筋肉によって支えられています。

体重50㎏の人で腕の重さは3㎏と言われています。肩(肩甲骨)周辺の筋肉は、この重い腕2本に加え、体重の10分の1を占める頭を支える働きもしているのです。

首と肩のために連携する主な筋肉とは?

頭を支える、腕を吊る、胸を動かす、肩を動かす、肩(肩甲骨)を動かすなど、首・肩周辺にはさまざまな動きに対応するため、多くの筋肉が存在しています。主な筋肉は上の図の通りですが、それぞれの筋肉がどの動きに対応しているのかを色で分けて示しました。

 頭を支える

僧帽筋・頸板状筋・胸鎖乳突筋・頭半棘筋・肩甲挙筋等

 腕を吊って支える

肩甲挙筋・大菱形筋・小菱形筋・僧帽筋

 腕を動かす

三角筋・大胸筋・前鋸筋・広背筋・大円筋・棘上筋・僧帽筋・棘下筋・肩甲下筋

 肩を上下させる

【上げる】僧帽筋・肩甲挙筋・大菱形筋・小菱形筋

【下げる】僧帽筋・小胸筋

 肩を前後に動かす

【肩を前に出す・肩甲骨を外に開く】前鋸筋・小胸筋

【肩を後ろに引く・肩甲骨を内に寄せる】僧帽筋・大菱形筋・小菱形筋

  肩を回す

【前に回す】僧帽筋・前鋸筋

【後ろに回す】大菱形筋・小菱形筋

肩こりや首のこりはなぜ起きるのでしょうか?

同じ姿勢を取り続けると、筋肉に負荷がかかり疲れてしまいます。家事やデスクワークなど長時間同じ姿勢を取ったり、同じ動作を繰り返した後に、首や肩のあたりに「重だるい」「張る」「軽い痛みがある」といった症状が出るのがいわゆる「肩こり」です。

原因は、首と肩周辺の筋肉の疲労です。同じ姿勢や動作を続けていると、重い頭と腕を支え、保持している「僧帽筋」「肩甲挙筋」「大・小菱形筋」「脊柱起立筋」などが疲れてきます。すると血行が悪くなり、グリコーゲン(糖)をエネルギーとする筋肉に、その老廃物としての乳酸が溜まり重だるさを感じるようになります。

肩こりの主となる筋肉

僧帽筋(そうぼうきん)

主に腕を上げる際に、三角筋の補助として働き、猫背にならないように背中を伸ばす際にも活躍します。

さらに上部は肩を上げる時、中部は背面で寄せる時、下部は肩を下げる際に働きます。

  肩甲挙筋(けんこうきょきん)

首の後ろ側面から肩甲骨に繋がり肩甲骨を支えています。主に腕を上げる(肩甲骨を引き上げる)際に働きます。

パソコン作業が続くと肩甲骨を引き上げた状態が長引くため、疲労してしまいます。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

背骨をそらす働きを持つ筋肉群の総称です。背骨に沿って、外側から腸肋筋群、最長筋群、棘筋群が伸びています。

背骨を伸ばすのに加え、首が前や横に傾く際には、姿勢維持のために働くため、日常生活の中で酷使しがちです。

菱形筋(りょうけいきん)

僧帽筋の奥で胸椎と肩甲骨につながり、肩甲骨を支えています。引き出しを開ける、胸を張って伸びをするときなど、肩甲骨を背骨に近づける際に動きます。

猫背にならないよう背中を伸ばす際にも活躍します。

  頭半棘筋(とうはんきょくきん)

脊柱起立筋の奥で、頭の骨から首と背骨につながり、頭部を安定させる筋肉です。

上を向く、首を反らす際に働くほか、頭部を固定して姿勢を維持しようとするため、日常生活の中で活躍しています。

       胸鎖乳突筋

首の側面で、橈骨から鎖骨、胸骨までつながり、首を安定させます。

横を向く(首を横にひねる)、下を見る(首を横にひねる)、下を見る(首を斜め前に倒す)際に働きます。

手元のスマートホンを長時間見続けたりすると疲労します。

肩こりを治すには筋肉を使い過ぎないこと

肩こりを治すために必要なのは、同じ姿勢を長時間とらない、同じ動作を繰り返しし過ぎないおうにすることです。適度に休憩をとり、首や肩を軽く動かしましょう。少しでも休めると、筋肉は元気を取り戻してくれます。

肩こりがひどい場合は、消炎鎮痛薬のシップやクリーム、ローションを使いましょう。筋肉の疲労に、飲み薬の消炎鎮痛薬はあまり効果がありません。

注意が必要なのは、肩こりに他の重大な病気が潜んでいる可能性です。首を動かすと手にしびれが広がる、なかなか痛みが消えないといった場合は、頸椎性の神経障害の可能性がありますし、内臓の病気の可能性もあります。

肩こりが持続する場合は内科の診察を受けてください。

肩こりや首のこりを改善するバンコクRENEスパの理学療法

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEで受けていただける首コリ・肩こり改善のメニューには、次の2つがあります。

① ディープティッシュマッサージ【理学療法】 ~ (上のチェック方法で重度の方にお勧めのメニュー)理学療法の治療で行うマッサージであり、表面の筋肉から深層部の筋肉へと順番にアプローチして弛めていきます。肩甲骨の動きが悪い事により五十肩になってしまたり、トリガーポインができてしまったり、首と肩までガチガチに凝り固まって頭痛などの症状がでてきている重度の方には、肩甲骨周りの筋肉を緩めるだけではなく、他のヵ所に対する施術も必要となってくることから、理学療法士が行う治療を受けていただくことをお勧めします。完治を目指した治療を目的とするため、数回の施術が必要となるケースがほとんどです。チケットもあります。 上半身60分 1500バーツ

② 肩甲骨はがし&筋膜リリース ~【理学療法&日本式整体】 (上のチェック方法で中軽度の方にお勧めのメニュー)「肩甲骨はがし」という手技テクニックにより肩甲骨周りの筋肉をゆるめていきます。このコースは筋膜リリースとセットになっており、首・肩・背中の筋肉や脂肪に癒着した筋膜もはがしていきます。施術後は背中に羽根が生えたように軽くなります。施術後15分間の運動指導が入ります。ハードな仕事が続いたりで肩まわりがこっている人などにお勧めです。90分3500Bahtのところプロモーション価格2500Bahtでご提供(2020年12月末まで)

また、肩甲骨はがしとリンパマッサージがセットなった「肩甲骨はがしダイエットコース」もあります。  (初回は肩甲骨チェックとカウンセリングが15分入ります。)施術 1時間30分、運動指導15分、(通常1時間45分、初回は概ね2時間の所要時間が必要です。)

60分 1500バーツ

90分 3500バーツ ⇒2500バーツ

肩甲骨はがしの中に含まれています

LINEで問い合わせ »