操体法(身体の歪み矯正法)

操体法(そうたいほう)とは、

 

仙台の医師 故橋本敬三先生(1897~1993)が体系化した運動療法です。

橋本先生は運動系が健康と疾病に重大な意義をもっていることに着目し、正体術を初めとする様々な民間療法、東洋医学系の療法に影響を受け研究を重ねました。

 

その結果、開発された操体法は、

1 運動系の基礎構造

2 運送の力学

3 運動の分析による法則の認識

により組み立てられたものです。


操体法の最大の特徴は

痛みや違和感のあることはやらないで、ラクなほう、気持ちの良い方向、快さを捜してからだを運んでいく

ことです。

 

からだが元々持っている治す力、自然治癒力を最大限に引き出すのです。

 

橋本先生は、

「人間のからだは、もともとよくできている。それが歪むことによって不健康になるわけですからその歪みを治してやれば健康になるのです。歪みを治すには苦しいほう、痛いほうに動かすのではなくらくな、気持ちよい方向に動かせばよいのです。これが操体法の原理であり、健康の原理です。」

という、操体法の重要性を示されました。

 

RENEで行う操体法は、期間限定療法になります。

日本から頭蓋仙骨療法や整体等の施術を行う治療院を経営されている上津希美乃先生に1.5〰2ヶ月に1度程度の割合で来タイいただき、希望者に対して、操体法の施術を行っております。

 

普段はRENEの理学療法を受けてくださっているサッカー選手等も、特別療法期間中には必ず操体法の施術を受けてくださっており、理学整体と操体法の両面から日々のケアを実施されています。

 

実は、整体とは具体的に一つの施術法をさすのではなく、運動器(骨格、筋系)の調整法の総称として使われていることが多いです。

欧米等から伝わってきた骨格矯正や神経系、内臓調整技術のカイロプラクティックやオステオパシー、

東洋医学の陰陽五行説やけいらくによる調整技術

等も整体法の1つとして捉えられています。

 

RENEでは、西洋医学の理学整体を中心としたメニューを展開しておりますが、お客様の中には理学整体の施術がとても好きな方もおられますし、また合わないと感じられる方もいらっしゃいます。

中には操体法のように、痛くないラクな施術を希望される方もいらっしゃいます。

 

そんなことから、現在はまだ期間限定でしかご提供できませんが、操体法をご希望のお客様には、是非、この特別療法期間中に受けたいただきたと考えております。 

 

特別療法の期間については、当ホームページのお知らせや、当店のFacebook、ブログ等でお知らせさせていただきます。

また、いつでも営業中は日本語にて問い合わせを受付けておりますので、電話、若しくはラインにてご連絡ください。

 

30分 2000バーツ

頭蓋仙骨療法とセットに受けていただくと 60分3000バーツ