ヒップアップ&骨盤矯正コース

顔よりも見られているお尻の形

下半身には全身の筋肉の3分の2が集まっているって知ってますか?
しかもこの下半身の筋肉は、上半身の筋肉と比べるととっても力持ちです。
下半身の筋肉で代表的なのはふとももやお尻の筋肉ですが、他の部位の筋肉に比べると太くて大きな筋肉になります。
筋力というのは、筋肉の断面積に比例するため、太くて大きい下半身の筋肉は、腕や肩といった上半身の筋肉よりも力強くて丈夫にできています。そのため、意識的に鍛えないとすぐに衰えてしまうのもこの下半身の筋肉の特徴です。
 

この下半身の筋肉の中でも、特に女性の美にとって大切なのがおしりの筋肉です。お尻の筋肉は、人間の体の中で最大サイズの筋肉になり、立ったり、歩いたりできるのは、お尻の筋肉があるからです。

そして、自分が思っている以上にヒップラインというのは他人の視線を集めやすい部位だと言われています。実は、後ろ姿というものは、他人からは顔よりも良く見られており、特に男性が女性の身体で一番最初に目が行く場所としてお尻が最も多いというデータが出ています。

そしてびっくりするのは、「男性がプリンとヒップアップしたお尻が好きなのはわかるけれど、日本人の骨格だと西洋人のようなプリンとしたお尻になるのは無理でしょう!!」と間違った思い込みで、ヒップアップした美尻になることをあきらめている女性がほとんどだというデータが多いそうです。

お尻が衰えて形が悪くなっているのは、ずばりお尻の筋肉の縮みが原因です。お尻の筋肉が縮むことにより、骨盤が後傾してしまい、お尻と脚の境目がなくなり猫背で下腹ぽっこりの姿勢が形成されだします。すると今度は脚の筋肉がどんどん縮んで硬くなっていきます。脚の筋肉が縮んで硬くなると、今度は骨盤周りを取り巻く筋肉が縮んで硬くなり、股関節がどんどん硬くなってしまいます。

そして・・・さらに脚の筋肉が縮んでどんどん短くなり、垂れ尻お尻のずんぐりむっくりな体形がつくられていくのです。

けれど、しっかりとお尻の筋肉を緩めてあげれば、骨盤の位置が正常に戻り、骨盤矯正され、お尻から続いている縮んで短くなった脚の筋肉もゆるんでくるので、下半身のラインが変って来ます。お尻の筋肉をしっかりと緩めた後で鍛えて行けば、必ず上向きのプリンとしたヒップアップしたヒップラインを取り戻すことができます。

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEの「ヒップアップ&骨盤矯正コース」は、あなたの凝り固まった硬い硬いお尻の筋肉を緩めて後傾している骨盤を元の状態に戻し(骨盤矯正)、さらに股関節を柔らかくして骨盤を取り巻く骨盤底筋等の筋肉も柔軟に変えていくことで美尻作り下半身を鍛えていく、ヒップアップに特化したメニューになります。

まずは自分の骨盤の歪みとお尻のパフォーマンスをチェックしてみましょう!

ヒップアップさせるために大切なことは、「お尻の筋肉・股関節・内ももの筋肉を柔らかくする」「骨盤の歪みをなくす」ということが大切です。これらの問題点を改善するために、まずは自分のお尻周りのどの部分に問題があるのかを知る必要があります。

ということで、下半身の柔軟性をチェックしていただきたいと思います。チェックする部位は4つあります。

  •  お尻の筋肉の柔軟性のチェック
  •  骨盤の歪みのチェック
  •  股関節の柔軟性のチェック
  •  脚の筋肉の柔軟性のチェック

筋肉の硬さや可動域の悪さ等で気になる部位について、チェックしてください。下のバナーをクリックすればそれぞれのチェックコーナーへと移動します。

ご自身の問題個所が分かれば、次に問題点を招く原因をご紹介いたします。

お尻の筋肉が硬くなる原因とは?

お尻と言えば、みなさんは「柔らかいのが当たり前」と思っていませか?

お尻の柔軟性チェックを受けていただくと、ほとんどのお客様が「えっ〜。私のお尻こんなに硬かったの?」と驚かれます。お尻は脂肪が多いので、当然柔らかいという思い込みがあるのですが、お尻には脂肪だけではなく筋肉もたくさんあるため、お尻の筋肉が硬くなると当然お尻そのものが硬くなってしまいます。

では、なぜお尻の筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

デスクワークなどで毎日、長い時間座っていることが増え、さらに運動不足が重なると、お尻の筋肉に負荷がかかってきます。外部から筋肉に負荷がかかると、関節や他の筋肉を守ろうとして、脳から指令が出て筋繊維を硬く縮ませてしまいます。

通常、筋肉にかかる負荷がなくなると脳からの指令は解かれ筋肉も緩むものなのですが、長時間のデスクワークなどの状態が毎日毎日果てしなく続くと、筋肉は緩む間がなくなり、凝り固まってしまうのです。

これが、筋肉が硬くなる仕組みなのですが、筋肉が固まると血流が悪くなり、血流が悪くなると身体が冷えてきます。「私のお尻、いつも冷たいんです」という方は、お尻の筋肉が縮んで硬くなり血流が悪くなっている証拠です。

さらに、お尻がある位置は、身体の中心になり上半身と下半身のつなぎ目にあたります。なのでお尻の筋肉が硬くなると、心臓から下半身に送られる新鮮な血液や、下半身から心臓に戻るはずの血液もうまく流れず、下半身にむくみが生じてきます。

また、お尻の筋肉(梨状筋)は、骨盤から脚に通っている身体の中で一番大きな坐骨神経に直接接しているため、硬くなった筋肉が坐骨神経を圧迫するようになり脚にだるさや痺れが出てきます。そして、お尻の筋肉が硬くなると、お尻がクッションの役目をうまく果たせなくなり、立ったり座ったりするたびに腰椎に直接衝撃が起き、腰痛を招くことケースも出てくるのです。

股関節が硬くなる原因とは?

人間は現在二足歩行をしておりますが、私達の祖先は四つ足で歩行しておりました。そのため股関節は、肩関節と同じく、珠の形をした骨で作られており、様様な方法に動かすことができます。そして、肩関節と同じように何等かの原因により股関節の可動域が狭くなってしまう場合があります。

股関節が硬くなる原因には、

  •  股関節に関係する筋肉が縮んで硬くなる
  •  加齢
  •  姿勢の悪さ
  •  運動不足
  •  病気怪我・関節の変形

の5つがあります。

股関節に関係のある筋肉群が縮んで硬くなる

股関節には肩関節と同じで複数の筋肉があり、どれかひとつでも硬いと股関節が硬くなってしまいます。さらに、股関節の歪みを放置しておくと、ふくらはぎやふとももの裏、お尻や背中の筋肉にも関係してきますし、前後や左右の開脚に影響が出てきます。

股関節に関係する筋肉が硬くなる原因としては、長時間同じ姿勢を取り続けるということがあげられます。

長時間のデスクワークなどで同じ姿勢を取り続けると、骨盤の位置も不安定になるため、股関節に関係する筋肉に緊張が起こり、縮んで硬くなり、股関節の可動域が狭くなります。

けれど、日常生活で股関節を深く曲げたり、広げたりすることが少なく、一定の狭い範囲しか動かさないと、筋肉の柔軟性がなくなり股関節が硬くなります。

加齢により歪みが出てくる

加齢により血管が硬くなると、関節の軟骨のクッションがすり減り、柔軟性が低くなるため、股関節の可動域に制限が出ます。

姿勢の悪さ

日ごろの姿勢が悪いと骨盤が歪み、骨格のバランスが悪くなって股関節が硬くなっていきます。

運動不足

股関節は肩関節と同じように、様々な方法に動かすことができます。

病気・怪我・関節の変形

脳卒中などによる麻痺が、後遺症として残ると、筋肉を思うように動かせなくなります。さらに筋肉の緊張が高くなり股関節が硬くなります。

また、股関節に負担がかかる歩き方や、スポーツなどを行っていると、関節が変形することがあり、悪化すると歩行や立ち上がりに制限を伴う「変形性股関節症」になってしまうこともあり、痛みも現れています。

脚の内もも・裏側の筋肉が硬くなる原因とは?

お尻が垂れる原因として股関節の硬さを上げましたが、股関節を硬くさせる筋肉には、内太ももの内転筋群があります。

次に、脚の裏側のハムストリングが硬くなると直接お尻の筋肉をひっぱるため、お尻が垂れてきます。

では、内転筋群とハムストリングが硬くなる原因には何があるのかについて説明したいと思います。

内転筋群が硬くなる原因

股関節を硬くする筋肉に、足の内太ももにある「内転筋群」があります。普段あまり意識することがない筋肉ですが、脚を開いたり閉じたりする時に使われます。この筋肉が硬くなると股関節の可動域が悪くなり、お尻を垂れ下がらせてしまいます。この筋肉群が硬くなる原因は、「椅子に座っている時間が長い」「加齢や運動不足からくる筋肉の衰え」があります。

1 椅子に座っている時間が長い

椅子に座っているときの太ももは体重によって押しつけられた状態で、その状態が長く続くと血管が圧迫され血液が滞って筋肉が硬くなってしまいます。

血流が悪くなると、乳酸や疲労物質が流れにくくなり、筋肉の緊張やコリを解消できないまま、どんどん悪化して筋肉が硬くなっていきます。

2 加齢や運動不足からくる筋肉の衰え

血液を送り出すにも筋肉が使われています。なので筋肉量が少ないと血流が弱くなり、疲労物質で沢山の血液が滞ってしまいます。

血流が悪くなると、必要な栄養素や酸素が届きにくくなるため、回復力はどんどん低下し、回復する前にまた疲労を溜め込んでいく悪循環に陥ってしまいます。

ハムストリングが硬くなる原因

ハムストリングが硬いと膝が伸びないため、骨盤が後傾して下腹がぽっこり出てくるようになり、お尻が垂れ下がってきます。

ハムストリングが硬くなる原因としては、座り姿勢が大きく関係します。

姿勢よく座る時は骨盤が起きた状態ですが、猫背(仙骨座り)をしている人は、骨盤が身体の後ろに傾くため、ハムストリングが短くなります。

この状態を長く続けていくことでハムストリングスは硬くなってしまうのです。

骨盤が歪む原因とは?

骨盤を歪ませるのは、ちょっとした日常の癖が関係してきます。気が付かないうちに体の一方を集中的に使っている場合が多く、それが歪みを生じさせるもっとも大きな原因になっています。

例えば、

  • いつも脚を組んで座る
  • 資料やパソコン等が入った重い鞄を、いつも同じ肩にかけている
  • 無意識のうちにいつも同じ方向を向く。変な姿勢で座る癖がある
  • かかとの高い靴をよく履いている
  • いつも同じ方向に横向きで丸まって寝ている
  • 合っていない(小さい)下着を長時間着用している

等、思い当たることはないでしょうか?

骨盤の歪みを治す(骨盤矯正)には、無意識にしてしまっている癖に気づくことが大切です。

「ヒップアップ&骨盤矯正コース」の効果とは?

「ヒップアップ&骨盤矯正コース」は、

・理学整体でお尻の筋肉、脚のハムストリングス・内転筋群を緩める

・内臓アプローチ(内臓整体)により骨盤底筋群にアプローチして骨盤矯正をしてヒップアップさせる

というメニューになりますが、詳細な内容を紹介をする前に、これらの施術により得られる効果をご紹介いたします。

冷え性の改善

骨盤が開きっぱなしの状態になると、腸骨で守られていた内臓が下垂しやすくなってしまい、内臓の働きや血液循環が低下するため冷え性にになります。骨盤の位置が正常に戻れば冷え性も改善されていきます。

小顔効果

骨盤は頭蓋骨の後頭部にある「後頭骨」と連動しています。そのため骨盤が広がっていると顔の骨格も大きくり、また骨盤が歪んでいると顔の骨格まで歪んでむくみが生じて顔が大きく見えます。骨盤矯正で骨盤の歪みを改善するだけで小顔になります。

ヒップアップ・ダイエット

骨盤が広がっていると、骨格的にお尻が大きくなってしまいます。それに伴い下半身に脂肪がつきやすくなることから下半身太りになります。骨盤の広がりを矯正することで、痩せやすい体形になり、脂肪が燃焼し、ヒップアップが望めます。

バストアップ

骨盤が広がると、骨盤の上にある肋骨が下がって来ます。そのためバストも下がり気味になるため、骨盤矯正をすることで肋骨が元の位置に戻りバストアップします。

不眠の改善

寝ている時に骨盤は最も開いている状態が不通ですが、緊張や不安などにより骨盤が閉じたままの状態になっていると、当然寝られなくなり、不眠へと繋がります。骨盤矯正をして閉じることで不眠が改善されます。

O脚・X脚(姿勢)の改善

骨盤が広がると、骨盤に連動している「大腿骨」も開くことになります。そのため脚も外側に向きやすくなり、「O脚・X脚」になる可能性が高く、また猫背など姿勢が悪くなってしまいます。骨盤矯正をすることでO脚・X脚も改善されていきます。

「ヒップアップ&骨盤矯正コース」はどんなことをするの?

【時間】

60分

【価格】

通常 2500バーツ

2020年12月末まで、プロモーション価格

2000バーツにてご提供

 

【内容】

① 骨盤周りの筋肉(骨盤底筋群)や股関節を緩める整体

② 脚の筋肉を緩める整体

③ 内臓整体(内臓アプローチ療法)

④ 脚・臀部・お腹等の筋膜リリース

このコースは、カイロプラクティックのように骨格を調整して骨盤矯正をするタイプの施術ではなく、骨盤を取り巻く脚・股関節・臀部・腹部などの縮んで下へ下へとひっぱっている筋肉を緩めることで、元のポジションを取り戻しヒップアップ&骨盤矯正をしていく施術になります。

そのため、骨盤周囲だけでなく脚やお腹・背筋などの筋肉にもアプローチしていきます。また、筋肉の滑りを良くするために重要な役割を果たしている筋膜が癒着されている方は、筋膜を剥がす「筋膜リリース」を行っていきます。

骨盤の歪みを矯正する「骨盤矯正セルフトレーニング」をやってみよう!!

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEは、理学療法をベースとした施術を行うことから、多くのメニューに運動指導が入って来ます。

ヒップアップ&骨盤矯正コースを受けていただく際には、お尻・股関節・脚の柔軟性UP、骨盤の歪みを矯正するセルフトレーニングを指導させていただきますが、当HPでも簡単な運動をいくつかご紹介しておりますので参考になさってください。

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEの掲示板

コースについてのお問い合わせやご予約はコチラ

お電話
095-964-8484
(火〜日11:00~20:00:月曜定休)
*早い時間の予約をご希望の方は予約申し込み時にお伝え下さい

Line
こちらよりRENEのLineアカウント追加ができます
(施術中や定休日は場合により、お返事に少々時間がかかることがありますがお店の地図やアクセス方法等をお送りすることができるので大変便利です)
メール
renebangkok2014@gmail.com
(迷惑メール等に振り分けられてしまうことがたまにあることから、気がつかないケースがあります。またお客様のメールアドレスの種類によっては返信ができないアドレスもありますので、できるだけラインや電話でご予約をお願いいたします)

LINEで問い合わせ »