肩甲骨はがしダイエット(肩甲骨ストレッチ整体&マッサージ)

肩甲骨はがしダイエットコース(ブラジャーからはみ出ている背中の肉・二の腕・お腹周り痩せ最強コース)

肩甲骨はがしと背中の筋膜リリースに、背中のハミ肉を撃退するリンパ痩身マッサージがプラスされた痩身メニューです。姿勢も改善されます。背中に肉がついてブラジャーからはみ出るハミ肉や、二の腕のぷりぷりお肉、首の後ろについた盛り上がり肉などを撃退することができます。美しい後ろ姿を作るには最強のコースになります。さらに内臓アプローチもついているので、内臓の位置を本来あるべき位置に戻すことができお腹痩せも可能なとてもお得なコースです。肩甲骨はがしのセルフトレーニングの指導も入ります。詳細は当ページの最後でご紹介しております。

コースの施術内容

1 肩甲骨はがし

2 筋膜リリース

3 リンパ痩身マッサージ

4 首・肩の理学整体

5 内臓アプローチ(内臓整体)

時間・価格

通常 1時間45分 通常3500バーツ 

プロモーション価格 2800バーツ でご提供します

(2020年4月より開始。プロモーション期間2020年12月末)

肩甲骨はがしって何?

肩甲骨はがしという名前だけを聞くととても危険な施術のように思われるかもしれません。

「肩甲骨はがし」というネーミングは、辞書にもどこにも記載されておりませんが、理学療法士や整体師の間では当たり前のように使われてきた手技です。

ネーミングのとおりだと、まるで肩甲骨を筋肉からはがしてしまうような印象をうけますが、「肩甲骨はがし」の基本的な概念は、「肩甲骨周囲の筋肉を手技で緩めて筋肉の凝りを解消し、血流改善させる」ことを前提としております。

なので、簡単に言うと「肩甲骨のストレッチ&整体マッサージ」のことです。

肩がズーンと重く感じられる肩こりは、肩甲骨が背中にはりついているような感覚を訴えられる方が多いのも事実です。

肩甲骨は本来、肋骨の上をすべるように動きます。けれど肩こりの方は、健康甲が肋骨に密着したようになっており、動きがガチガチになっていることが多いのです。

そんな方に一度、肩甲骨はがしを受けていただくと、「肩甲骨に羽根が生えたみたいに軽くなった」というような感想を言われるお客様もおり、数セン身長が伸びたように見えるくらい、姿勢がよくなります。さらに猫背が改善されてバストアップもするのです。

ただ、「肩甲骨はがし」は、やり方を間違えると余計に肩甲骨まわりの筋肉を硬く縮めてしまったり、めまいを生じたりということもあるので、きちんと訓練を受けたプロの手で行うことが必要です。

また、プロの指導を受ければセルフトレーニングで自分でもできるようになります。

意外と知らない肩甲骨の役割とは?

体とは鎖骨のみで繋がっている

肩甲骨は、背中上部にある逆三角形の骨です。肋骨のカーブに沿う様な形をしています。

手の平くらいの大きさががあり、左右に羽のようについていて、腕の上げ下げや腕を回すといった腕の運動とほぼ連動し、その自由な動きをサポートする役割があります。

肩甲骨は胴体(肋骨)とは直接つながっておらず、上部が鎖骨、側面部は腕(上腕骨)とのみつながって、宙に浮いているような状態です。

肩甲骨の動きのしくみ

肩甲骨は縦横無尽に背中で動きます。凝り固まっていない肩甲骨は、本来とってもダイナミックな動きをします。

背骨の方向に肩甲骨を動かす「内転」、逆に動かす「外転」、釣り上げる「拳上」、引き下げる「下制」、腕を上げる動作などで八の字に開くように内回りに回転する「内旋」、反対に外回りに回転する「外旋」の6種類です。

正常な肩甲骨は筋肉などの制限を受けることなく、6方向に自由に動きますが、凝り固まった肩甲骨は何らかの要素に引っ張られたり、邪魔されたりして動きが制限されてしまいます。

また、肩甲骨が背中の上部の位置をキープしていられるのは、肩甲骨を支えるさまざまな筋肉の働きによるのです。

肩甲骨は、背骨と菱形筋(りょうけいきん)という筋肉によって背中側に出過ぎないようにキープされています。

さらに、他の筋肉によって上に上がりすぎたり、下がりすぎたりしないようにもキープされています。

6種類の肩甲骨の正しい動きとは?

肩甲骨はさまざまな筋肉をつなぐ役割をしているため、その動きは本来ダイナミックです。下の図のように上に対して下、右に対して左、反対方向で対になった3つの動き、合計6種類の動作の方向を持っています。

拳  上

肩甲骨がせり上がるようにして動く。鎖骨とつながる肩全体が上がるので、肩をすくめる動きになる。

下  制

肩甲骨が胸部を沿うようにして下がる動き。拳上と正反対に肩甲骨が下方に動き、肩が下がる。

内  転

胸を張るように、肩甲骨を背骨の中心に寄せる動き。肩甲骨は輪郭に沿って内側にスライドして動く。

外  転

肩甲骨がせり上がるようにして動く。鎖骨とつながる肩全体が上がるので、肩をすくめる動きになる。

外  旋 (下方回旋)

肩甲骨の関節面が下を向くように回転する。上げていた手を下げる時の動作。下方回旋ともいう。

内  旋 (上方回旋)

肩甲骨の関節面が上に向く。手を上げる動作で肩甲骨が回転する動き。内旋とも上方回旋ともいう

肩甲骨を動かす筋肉

【菱形筋の動き】

上記の説明のように、肩甲骨は本来、上下左右に想像以上に自由に動きます。

これほど多彩な動きをする肩甲骨には、たくさんの筋肉がついていますが、デスクワークやスマホの操作などで前かがみになる時間が長くなると、肩甲骨は背骨から離れる外転ポジションで固まりがちになります。

左右の肩甲骨が離れ、背中が丸まり、いわゆる猫背の姿勢になり、特定の筋肉が緊張を強いられることで肩こりや背中の張りの引き金になります。また、肩や背中の張りは血行不良を招き、肩こりの一因にもなるのです。

肩甲骨を動かす筋肉には ① 大胸筋 ② 前鋸筋 ③ 三角筋 ④ 上腕三頭筋 ⑤僧帽筋 ⑥ 菱形筋 ⑦ 広背筋 などがあります。

大 胸 筋

胸の形を作ります。肩の動きに関わり、猫背で両肩が前に出ると縮みっぱなしで硬くなりやすいです。胸の中央部(ろっこつ、胸骨)と鎖骨から、扇形を描くように腕の骨(上腕骨)へ広がります。

前 鋸 筋

肩甲骨を背骨から離す働きがあります。デスクワークなどで前傾姿勢を続けると、前鋸筋は血行不良を起こしてしまいます。ろっ骨の外側から、肩甲骨の内側のへりに向って走っています。

三 角 筋

両肩を肩パッドのように覆う筋肉です。肩甲骨と鎖骨から始まり、腕の骨(上腕骨)に付きます。肩の動きに関わり、ここが硬くなると肩甲骨の機能がダウンします。肩こりが生じやすくなります。

上腕二頭筋

加齢とともに皮下脂肪がつきやすくなる上腕の後ろ側にある筋肉です。肘と肩を伸ばす動きを持っています。腕の骨(上腕骨)の後ろと肩甲骨から始まり、ひじの後ろまで伸びています。

僧 帽 筋

背中の上半分を占め、こりが起こりやすい筋肉です。上部、中部、下部に分けられて、いずれも肩甲骨を動かします。背骨(頸椎、胸椎)と頭蓋骨の後ろから肩甲骨と鎖骨へ広がります。

菱 形 筋

僧帽筋の下にあり、肩甲骨を寄せたり、内側と下方へ回したりする働きがあります。猫背だと固まりやすい筋肉の1つです。背骨(頸椎、胸椎)から肩甲骨の内側のへりに向ってのびます。

広 背 筋

背中の下半分をカバーしている大きな筋肉です。肩を自在に動かして、腕の動きをコントロールしています。骨盤、背骨(胸椎、腰椎)、肋骨から腕の骨(上腕骨)に向って広がります。

肩甲骨はがしの効果

肩甲骨の仕組みや動きについてはご理解いただけたと思います。

では、なぜ肩甲骨はがしが体に良いのでしょうか?皆さんはご自分の肩甲骨をスムーズに触って確認することができるでしょうか?

当店に来られるほとんどのお客様が「この辺なんだけど〰。あれ、どこだろう?わからない」と肩甲骨探しに苦戦されます。

それくらい、現代人の肩は柔軟性や自由度を失ってしまっているのです。

そんなことから、肋骨に張り付いて動かなくなってしまっている肩甲骨をはがして自由に動くようにすると、次々に驚くべき変化を確認することとなります。

まず、肩甲骨の動きがよくなれば、その周りにある筋肉がほぐれて血流が良くなります。

肩甲骨はがしを行うと、肩甲骨が動き出し、本来あるべき位置に収まると、頭を支える首、肩から胸(胸椎)、腰(骨盤)とのバランスも改善され、全身の関節、筋肉の動きがリセットされます。

肩甲骨が正しい位置で柔らかく動けば姿勢もどんどん良くなっていくのです。

また、肩甲骨はがしは、健康だけでなくバストアップやダイエットなど美容面でも抜群の効果を発揮してくれます。

肩甲骨はがしを行うことのメリット

  • 肩こりが解消される
  • 猫背が治る
  • リンパの流れが良くなる
  • 褐色脂肪細胞が活性化して代謝がよくなる
  • 腰痛が改善される
  • 身体のラインが美しくなる
  • バストアップする
  • 身体全体が軽くなる感じがする
  • 目が疲れにくくなる
  • 顔のたるみを防ぐ
  • 骨盤の歪みを解消してくれる

やせやすくなる

シェイプアップ効果があるので、体のラインが美しくなります。また、筋肉をよい状態に戻すので、筋肉、骨格、体全体のバランスが整い、やせやすい体質になります。

丈夫で健康な体になる

全身をめぐるリンパが疲労物質を速やかにデトックスします。疲れがたまりにくくなるだけでなく、新陳代謝がよくなって、免疫力も高まり、体調をくずしにくい身体になります。

冷えやむくみを防ぐ

血液やリンパの流れが改善することで、体内酸素が増えます。全身に酸素が十分に行き渡るようになるため、血行がよくなって身体が温まり、冷えやむくみが解消されます。

痛みが改善する

筋膜もリリースされるため、筋膜のゆがみが解消することで関節の可動域が広がり、筋肉の緊張がやわらぎます。血行やリンパの流れがよくなるため、肩こりや腰痛、ひざ痛、背中の痛みが改善します。

呼吸が深くなる

体を支える筋肉がゆるむため姿勢が改善されます。そのため肋骨が広がり、内臓の圧迫が解消されて機能も活発になるため、深い呼吸ができるようになり、新鮮な酸素が体のすみずみまで運ばれます。

姿勢がよくなる

胸が広がり、背筋が伸びてねこ背が解消されます。筋肉の緊張がとれるため体を支える力が増し、ピンと1本筋が通ったような若々しく美しい姿勢になります。

便秘が改善する

肋骨が引きあがることで、内臓の圧迫が解消されます。さらに体内酸素が増えることで腸の動きがよくなり、消化吸収がスムーズになります。

若々しくなる

全身の血流がよくなって、脳へ余分な血液が運ばれるようになるため、自律神経が整います。ホルモンの分泌も促され免疫力も高まるので、若々しい身体を維持することができます。

ゆがみのない体になる

胸が広がり、背筋が伸びてねこ背が解消されます。筋肉の緊張がとれるため体を支える力が増し、ピンと1本筋が通ったような若々しく美しい姿勢になります。

あなたの肩甲骨をチェックしましょう!

さて、肩甲骨はがしが、とても効果のあることをわかっていただいたところで、あなたの肩甲骨の状態をチェックしてみましょう!!

みなさん、肩甲骨のまわりを触ってみてください。筋肉がカチコチになっていませんか?

「硬い〰」という方は、すでに肩こりや腰痛、便秘などの不調が出ているかもしれません。

次のチェック項目の中で、1つでもチェックがあれば、あなたの肩甲骨は黄信号ですよ!!

すぐにバンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEにお越しいただいて肩甲骨はがしを受けてくださいね~!

チェック1

仰向けになった時に、腕をまっすぐに伸ばせない人

仰向けになって脚を少し開いたら、手の平を上にして、腕を頭の方向にまっすぐに伸ばします。あごが上がる、肘を伸ばすのが辛い、肩周りに違和感がある人は危険信号がともっていますよ!!

チェック2

仰向けになったときに腰の下の隙間が大きい人

仰向けになって脚を少し開き、肩や腰の力を抜きリラックスします。

腰と床の間に、手の平の厚みより大きな隙間があいた人は要チェックです。

逆に、まったく隙間のない人も要チェック!!

チェック3

肩の上げ下げがスムーズにできない人

姿勢を正しくして立ちます。肩をすくめるように両肩をスムーズに引き上げ、ストンと落とします。これを10回程繰り返しえも疲労を感じなければOKです。ここで無理が力が入ったり疲労を感じたりする場合は要チェックです。

チェック4

耳の横まで腕が上がらな人

立ち姿勢で、両腕を肩の高さでまっすぐ水平に広げます。そのまま弧を描くように頭上まで引き上げます。二の腕が両耳の真横になる位置をキープして、手のひらを合わせることができればOKですが、耳の横まで腕が上がらなければ要チェックです。

チェック5

肘から先を合わせたままで、肘があごより持ちあがらない人

両腕の肘から先を体の正面で合わせます。両手のひらを合わせて、両腕を天井に向ってあげて行きます。

そのまま肘が離れないように上げていきます。肘をあごより上に持ち上げられない人は要チェックです。菱形筋や僧帽筋が硬くなり筋肉が緊張している状態です。

チェック6

目をとじて手の平を合わせると両面で両手が揃わない人

目を閉じて行います。両手を肩の高さで真横に伸ばします。肘を伸ばしたまま両腕を正面に寄せ、身体の正面で手のひらを合わせます。ピッタリ合わなかった人は要チェックです。

チェック7

背中側でひじを伸ばして手を組めない人

体の後ろで両腕を組みます。

上体が前後に傾かないように注意しながら、組んだ手を体から離して、肘を伸ばします。肘が伸ばせない、腕が辛い、上体が前後に傾く、あごが上がる人は要チェックです。

60度以上引き上げることができるのが理想です。

チェック8

背中で両手を組めない人

背中側で、片方の腕は上から、もう片方は下から腕を回し、背中の真ん中で指先をタッチします。さらに左右を入れ替えて同じ動作を行います。利き手を上にするか下にするかでも難易度が変りますが、両腕をタッチできない人は要チェックです。

チェック9

肩を押さえ、腕を上げることができない人

片手で反対側の肩甲骨の出っ張りを押さえます。腕をまっすぐに伸ばした状態で、体の真横の位置を保ったまま手の平を上に向けるようにして120度まで引き上げます。

上がる角度が90度以下なら要チェックです。

チェック10

腰をそらさずに肩を壁につけることができない人。

背中を壁に向けて立ち、後頭部・肩・お尻・かかとを壁につけます。腰のアーチに手を差し込んだときに圧がかかればOKです。肩をつけると腰が反って、壁と背中の間に大きな隙間ができていたら要チェックです。

バンコクRENEスパの肩甲骨はがし+筋膜リリースはどんなことをするメニューなの?

肩甲骨は、姿勢の悪さや体の使い方のくせの影響を受けやすく、その分筋膜もねじれてりしやすい場所になります。バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパの肩甲骨はがしは、肩甲骨はがしと同時に、筋膜リリースも行います。

筋膜リリースを行うことで、肩甲骨まわりの筋膜の癒着をはがし、体中の筋膜のひっぱり合いを解消に導きます。

肩甲骨はがしと筋膜リリースを一緒に行うことにより、体のゆがみが改善し、全身の不快な痛みやこりを解消することが可能となります。

こうした効果は、一般的な運動やストレッチ、ウォーキングでは期待できません。なぜなら・・・例えば猫背の人の場合、運動をしている間も姿勢の悪い状態が続いているものであり、筋膜や筋肉のねじれや歪みはそのままです。

なので、せっかく体を動かしても、運動にんはなっていても、痛みやコリを改善する効果はないのです。

その点「肩甲骨はがし」と「筋膜リリース」は、筋膜の癒着そのものを解消することができるため、深いな症状が根本から改善していきます。

バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパの「肩甲骨はがし」は「健康目的」と「美容目的」に分かれており、健康メニューとしては「肩甲骨はがし+筋膜リリースコース」60分、美容コースとしては「肩甲骨はがしダイエット」90分があります。

② 肩甲骨はがしダイエット コース(美容メニュー)

こんな症状を改善したい方におすすめです。

① 体のライン(姿勢)を綺麗にしたい方

② バストアップしたい方

③ 背中のハミ肉を除去したい方

④ 二の腕を細くしたい方

コースの内容・施術時間・価格

施術内容】① 肩甲骨はがし ②背中の筋膜リリース ③首と肩と腕の理学整体 ④背中と腕のリンパマッサージ ⑤ 内臓アプローチ ⑤ 肩甲骨ハガシのセルフトレーニングの指導。

【施術時間】 90分(運動指導15分) 

【施術価格】 通常 3500バーツ プロモーション価格 2800バーツ 

(2020年4月より開始。プロモーション期間2020年12月末)

肩甲骨はがし&筋膜リリース セルフトレーニング

自宅で自分でできる肩甲骨はがし&筋膜リリースのセルフトレーニングもありますよ。

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEがダイエットサポートしている「体重100キロ越えのマリちゃん」に指導している肩甲骨はがしの運動を、実際にマリちゃんにやっていただき、やり方を動画等で紹介しておりますので、是非、マリちゃんと一緒にやってみてください。(下のバナーをクリックしていただければ、運動紹介のページに移動します。

コースについてのお問い合わせやご予約はコチラ

お電話
095-964-8484
(火〜日11:00~20:00:月曜定休)
*早い時間の予約をご希望の方は予約申し込み時にお伝え下さい

Line
こちらよりRENEのLineアカウント追加ができます
(施術中や定休日は場合により、お返事に少々時間がかかることがありますがお店の地図やアクセス方法等をお送りすることができるので大変便利です)
メール
renebangkok2014@gmail.com
(迷惑メール等に振り分けられてしまうことがたまにあることから、気がつかないケースがあります。またお客様のメールアドレスの種類によっては返信ができないアドレスもありますので、できるだけラインや電話でご予約をお願いいたします)

LINEで問い合わせ »