遠赤外線って何?

遠赤外線は、下の図のように、赤外線の一種になり、赤外線の中でも一番長い波長を持っています。

光をプリズムガラスに当てると、7色の光が見えるのは皆さんご存知だと思います。

 紫が一番波長が短く、赤が一番波長が長いのですが、紫色より波長が短いのを紫外線、赤色より波長が長いのを赤外線と言います。

遠赤外線はこれらの紫外線や可視光線と一緒で電磁波の一種になりますが、実は、遠赤外線が発生する波長(周波数)と、人の分子の振動(格子振動)波長は一致します。

さらに光に比べて、

*人の分子を活性化させ(エネルギー分子の運動が活発になるため細胞の活動も活発になります)

*体感温度を上げます。

遠赤外線の効能

遠赤外線の効能としては、

1 皮脂腺から汗をだすことができる

2 血流がよくなり新陳代謝アップの効果がある

3 体の柔軟性がアップされる

4 ダイエット効果がある

等が挙げられます。

これら効能の詳細については、ブログでご紹介しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

>>身体を温めて美しく健康になるバンコクRENEの遠赤外線療法の効果とは?

>>冷え太りしていませんか?痩せやすいカラダを作るバンコクRENEの遠赤外線療法

バンコクRENEスパでは全てのメニューに採用しています

RENEスパでは、各施術を受けながら遠赤外線療法ができる、遠赤外線のパットを使用しております。

このパットの中には、砕いた溶岩石が入っており、電気により溶岩石を温めて遠赤外線をより多く出す治療器になります。

* 理学整体では、このパットを利用してマッサージをしたり、痛みのある部位に当てさせていただくことで、体内温度を上げる効果があり、傷や酵素を修復すると言われているヒートショックプロテインの分泌を促すことができます。

* 痩身では、痩せたい部位に数十分当てることで体内温度が上がり、また皮脂腺から汗をかいていただけるので体内の老廃物をデトックスして痩せやすい状態に持って行くことができます。

* フェイスでは、遠赤外線パットを敷いた上に横になっていただくため、皮脂腺から出る老廃物がよりリンパマッサージの効果を引き出してくれます。

風邪気味の方も、この遠赤外線パットの上に寝ていただき、マッサージを受けるだけで風邪が治ってしまいましたと言って下さる程、身体の免疫力を上げることもできます。

なぜなら体温が1度あがると、免疫力はなんと5~6倍になると言われているからです。

>>バンコクRENEスパのリンパマッサージで免疫力を高めて疲れ知らずの身体になろう