超音波治療とは?

超音波治療とは、その名のとおり超音波を使用した治療法になります。

様々な痛みの症状に対応でき、効果も世界的に認められてます。

特にスポーツ選手などが受けている療法でもあります。

超音波とは、人間の耳では聞こえないほど高い周波数(20KHz以上)で振動する音波です。

この超音波の機械的な振動を身体に照射して、治療効果を上げるのが超音波治療です。

超音波を照射すると、その機械的振動により、生体組織が加温されます。

すると、生体内になる数μmの微小な気泡が圧縮と拡張を繰り返し、細胞膜を適度に刺激して細胞を活性化してくれるのです。

一般的には1MHzと3MHzの2種類の周波数を使用します。

1MHzはより深部まで到達するため、大きな筋肉の損傷などの治療に適しています。

3MHzは身体の表面から2㎝程度の部位に作用するため、表層部の治療に適しています。

お客様の筋肉の状態を診て、理学療法士がHz数を判断します。

超音波治療の効果

高い周波数によるミクロマッサージ効果で筋・腱の緊張緩和や関節のこわばりを緩和します。

温熱作用により通常の温熱器に比べると深部の血流を促進させ疼痛を緩和する作用があります。

また、深部までの温熱効果で手の届かない筋・腱・靭帯といった深い組織に働き損傷部位を回復させます。

超音波療法には損傷した組織の修復を早める作用もあります。

傷ついた細胞を修復するためにはATPの合成、タンパク質の合成が不可欠ですが、超音波療法を行うことで上記の効果を亢進させる働きがあります。

ケガが慢性化した場合でも、慢性化した組織の伸展性を高める作用があるためケガの再発、硬縮を予防する効果があります。

  • 疼痛の緩和(外傷による疼痛、神経痛、慢性痛等)
  • 炎症の治癒促進(急性、慢性の炎症)
  • 創傷の修復促進
  • 骨組織修復促進
  • 軟部組織(筋・靭帯・腱・関節組織等)修復促進
  • 瘢痕組織の伸展性増大
  • 筋緊張の軽減 など

時間と価格

1部位 概ね5分 250バーツ

電気刺激療法とは?

電気刺激療法(electrical stimulation)とは、神経・筋を興奮させるために経皮内に電流を利用する療法です。

一言でいうと、随意的に収縮できない筋肉に対して運動を行わせる療法になります。

従来、神経・筋に対する治療方法がほとんどでしたが、近年、それ以外にも糖輸送体たんぱく質造花、血管の新生や血流増加なども報告されています。

さて、この電気治療ですが、整骨院(接骨院)や整形外科で何のタメにしているのか分からずに言われるがままにして貰っている人も多いと思います。そして、いつまでたっても良くならないのに、漫然と何ヶ月も続けている人もいますね。

電気治療の効果に疑問を持っている人は結構おられるようですが、それは、電気治療についてしっかり知識のある医者や理学療法士などが、その患者にあった電気治療を適正にしているかどうかの問題があるのではないかと思います。

バンコクRENEスパでは、医学学位を持つ理学療法士がお客様の状態を診て、電気治療の効果を期待できると判断した場合にのみ、お勧めさせていただいております。

こんな症状でお困りの方に効果があります

腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、ヘルニア、狭窄症、四十肩、五十肩、手足のしびれ、腱の断裂、肉離れ、テニス肘、野球肘、膝の痛み、捻挫、成長痛、ジャンパー膝、シンスプリント、ばね指、腱鞘炎、骨折の後遺症

電気刺激療法の効果

① 病気・手術後のリハビリ早期回復

② 疼痛の軽減

③ 関節可動域の改善

④ 日常生活における慢性的な痛み

⑤ しびれの改善・解消

⑥ ぎっくり腰・捻挫等の急性の怪我

時間・価格

1ヵ所 概ね15~20分 通常1200バーツ プロモーション 600バーツ (2019年12月末まで)

注)1回に行う施術は10分~15分くらいが適度で、15分を過ぎると効果が薄れてきて、20分以上やっても効果がありません。