プロトン水が最強の飲料水と言われる理由

水は生命維持に不可欠な物質です

人のからだの半分以上は水でできていいます。胎児では体重の約90%、新生児で約75パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントが水で占められています。

さらに人間だけでなく、地球上に存在する生命体、そして天然鉱物や化学物まで、「形」のあるものには、全て「水」が存在しています。

私達は、水さえあれば、1週間から2週間、食べ物を口にしなくても生命活動を維持することができますが、3〰5日水を飲まないと命を落としてしまいます。

生物が生きていく上で、水は絶対に欠かせない物質なのです。

生き物にはなぜ水が必要なの?

生物が生きていくために、なぜ水が必要なのでしょか?体内の水は生物が生きていくための特別な役割をいくつも果たしています。

例えば、身体の隅々の細胞まで酸素や栄養素を運ぶ、身体の中にできる老廃物を回収し排出する、発汗などによって体温を調節するなどの役割があります。そして、これらの役割を体の中で果たせる物質は水以外にはないのです。

血液やリンパ液も90%が水です。また、目の網膜細胞にも92%の水が存在しています。

大量の消化液も大部分が水で構成されています。1日に約8リットルの消化液や消化器管内に分泌され、また再吸収されています。

また、脳内にも80%の水があり、なんと骨にも35%の水が存在するのです。

さらに、人間は、呼吸、体温調節、不要物の排泄などで絶えず水分を体の外に排出しています。

人とおしゃべりするだけでも水分は排出されているんですよ。その量は、1日2300ml以上と言われています。

通常は体外へ排出する水と、体内に取り込む水の量は釣り合っており、体内の水は常に一定に保たれています。

けれど、水の重要性をあまり認識していない現代人の水の摂取量は非常に少ないと言われています。そのため、体内の水分量も少なくなってきている状態です。

本来は、私達が生きていくために、身体が失った水分と同量の水分を補充する必要があります。

食事から摂ることができる水分は、ご飯、野菜、肉、魚、スープなど、ほぼ全ての食事に水分が含まれているため、1日約600mlの水分を補うことができると言えます。

なので、あと1500mlの水を摂取すると、体内の水バランスが整うことになります。(多量に汗をかいた場合はより多く必要です)

そんなことから、排泄される量と補充する量のバランスを取るために、1日2リットル以上の水分を摂ることが必要だと言われる理由なのです。

ようするに人の細胞の大部分は水であり、その細胞に栄養を運ぶのも不要な物を排出するのも全て水なんです。水がなければ生命の維持はできないのです。

水ならなんでもいいわけでない!!

からだの6-7割を占める水。水を摂取することの重要性については、ご理解していただけたと思いますが、水は、ただからだにとどまっているわけではありません。血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行き来したり、常に動いています。

また水はからだの中を動いているだけでなく、体外に出ていっています。尿として出ていくだけでなく、便に含まれている水分や皮膚表面から蒸発する水分、また吐く息に含まれている水分など、いくつかの経路で出ていっています。

合計すると1日におよそ2.5リットルの水が排出されているといわれています。そして出ていった水は、飲み物や食べ物から摂取する水によって補われています。

けれど・・・果たして水ならなんでもいいのでしょうか?

法隆寺の建築に使われている材木は、伐採されて1300年以上が経っています。伐採されているので、もちろん生きてはいません。けれど木は朽ちることなく、まるで根から養分をもらて生きているようにどっしりとしています。

なぜ、法隆寺の木は1300年間おm朽ちないでいるのでしょうか?

それは、木が含んでいる水の差(結合水)にあると言われています。木にも細胞があり、細胞と細胞のつなぎ役を水(結合水)がしています。結合水が豊富で強い水は長時間朽ちることはありませんが、質の悪い結合水は、すぐに朽ちてしまうそうです。

法隆寺に使われている木はヒノキだそうですが、当時建築に携わった職人さんは、ヒノキの中でも質の良い結合水を選別するために全国各地に足を運んだそうです。

木が朽ちるのは木が弱いからではなく、木の中に存在する結合水が弱いからだそうです。さらに、法隆寺の木材の中に存在している水は、簡単に蒸発しない水だそうです。

太陽光(紫外線)や加熱などの影響で、簡単に蒸発してしまう水が、木の中に含まれているかいないかで、木の耐久性が変ってくるのです。

つまり、法隆寺の建築物の木材が朽ちないのは「結合水が豊富で、すぐに蒸発する水が少ない」からだそうです。

物質の良し悪しにも「水」が関与しておいるということは、身体の60%が水でできている人間にも当てはまることではないでしょうか?

そのためには、質の良い水を摂取することが、重要だと言えるのです。

そこで、バンコクRENEスパがお勧めいているのは「プロトン水」です。聞きなれない名前の水ですが、プロトン水は、水の再頂点に君臨する最高に質の良い水なのです。このページでは、良い水とはどのような水かをご紹介しながら、当店がお勧めするプロトン水について説明していきます。

プロトン水は最強の抗酸化物質であり細胞を還元する還元剤です!!

プロトン水は活性酸素を除去する還元剤!

バンコクRENEスパは、徹底的に水にこだわり、全ての施術の前に「プロトン水」をお飲みいただいております。

プロトン水とは、電気化学的に「解離」した水のことで、非常に水エネルギー反応の高い、活性された水であるだけでなく、マイナスの電位を帯びています。

そのため、身体に電子チャージすることで、体内の活性酸素を取り除き、細胞を還元する等、通常の水ではなし得ないすごい働きをする限りなく生体水に近い水なのです。

 

皆様は、「活性酸素」という言葉はすでに良くご存知だと思います。

私達は、酸素を吸って生命活動を維持していますが、酸素を体内に取り入れると必ず生じるのが体の錆(サビ)、つまり活性酸素です。酸素は人体において必要な元素でもありますが、場合によっては強力な毒にもなります。

酸素から生じた活性酸素は、身体の健康な細胞を攻撃して傷つけ、私達の体を老化させるのです。

けれど、活性酸素を除去する作用(還元作用)の強い、抗酸化物質=還元剤というものが、私達のカラダの中には存在しますし、また外から水素やビタミンC、ポリフェノールと言った物質を摂取することで活性酸素を取り除くことができます。

その抗酸化物質=還元剤の中でも群を抜いて強力で有効な作用を持つのが・・・実は「電子」なのです。

そして、電子そのものと言っても良いのがプロトン水であり、今、最も注目されている抗酸化物質=還元剤なのです!!

プロトン水は、電子を帯びた「電子そのもの」の水になります

プロトン水とは、聞きなれない名前ですね。

水素原子(H⁺)は、プロトンと呼ばれています。プロトンとはギリシャ語で「第1位のもの」、あるいは「根源」という意味があります。 

プロトン(H⁺)は、単独では真空の状態以外に存在できません。 

しかし、近年の研究の結果、真空以外にもプロトン(H⁺)が唯一存在している場所があることがわかりました。それが、水の中です。

プロトン(H⁺)は、電子(e⁻)と共に水の中に存在しているのです。

水の中に溶けた状態のプロトン(H⁺)は、電子(e⁻)を手放した陽子が、水素イオン(H⁺)として存在しています。

そんなことから、プロトン水は電子そのものの水だと言えるのです。

このプロトン水を科学的に作り出したのが、ここで紹介するプロトンウォーターVadee(バディー)になります。

バンコクRENEスパでは、ホノルルトライアスロン2018の公式スポンサーにもなった、世界最先端の研究機関認定のVadee(バディー)というプロトン水を、施術前にお客様にお出ししております。

Vadee(バディー)公式HP http://www.mpi.tokyo/products.html

水を化学して作られたプロトンをもっと詳しく!!

プロトンとはギリシャ語で初めの物(プロトス)という意味です。
137億年前の宇宙の始まりとなるビッグバーンの4秒後にできた素粒子の電子です。
3分後には原子核の陽子ができ、
38万年経て陽子と電子が出会い水素原子を形成しました(最初の原子)。
そして数億年かけて水素のチリが星雲を形成し発熱して恒星を造りました。
恒星が爆発をして惑星が出来ました。

恒星(太陽)の軌道を回る地球は46億年前に誕生しました。
地球の位置は、後に生命を育む液体の水を保持できる
ハビタブルゾーン(水が液体でいられる0度~100度の中)に存在します。
プロトンは真空以外で単独には存在できず、唯一水の中に安定して存在できます。
水の惑星の地球でプロトンのエネルギーは、水を根源として生命を誕生させました。

飲料水として、皆様にご提供しているプロトン水は、水を電気化学的に解離(分子が分解し、原子や分子に分かれること)して作られたエネルギー反応の非常に高い水になります。

良い水とはどんな水?

プロトンの特徴を紹介していく前に、具体的に「良い水というのがどんな水か?」ということについてお話ししたいと思います。

水と空気はタダだと思っていませんか? 健康にとって一番大切なのは水です!!

みなさんは、水と空気はタダだと思っていませんか?

日本人にとって水は簡単に手に入るもの。毎日、当たりまえの様に飲んでいるものです。なので、健康にとって水が一番大切だと言っても、ほとんどの方が反論されると思います。

けれど、前述したとおり、水がなくては私達は生命を維持することができません。

私達のカラダは、水が欠乏しただけで、漠然といた深い感、意気消沈、頭がぼんやりする、食欲減退といった症状が出てきます。これらの症状が、いわゆる「脱水症状」と言われるものです。

水が6%欠乏すると、頭痛や手足の震えが出てきます。8%欠乏すると、呼吸困難や精神錯乱など、明らかに普通でない状態になります。20%欠乏すると、命を落とす危険さえ出てくるのです。

そして・・・驚くことに、今の日本人の多くは、慢性的な脱水症状に陥っていると言われているのです!

まず「良い水を飲む習慣」をつけましょう!!

水が、人間の生命維持にとても大切なことはわかっていただいたと思いますが、はたして水ならどんな水でも良いのでしょうか?

私達の身のまわりには、さまざまな種類の水があります。水道水、ミネラルウォーター、井戸水、湧き水、温泉水、純水、アルカリ飲料水、水素水等・・・・

実は、この中には、飲んでも身体の不調が一向に改善しないどころか、逆に症状をますます悪化させてしまうものもあるんです。

たかが水ではなくて、水はどんな食べ物よりも一番気をつかって、絶対に良いものを選ばなけれないけないのです。

その理由は、身体の中の老廃物や有害物質などを体外に排出するには、水の力が必要だからです。

そして、この体内の掃除をしてくれる水は「生体水」という水なのですが、水を飲めばすぐに生体水として利用できるわけではなく、生体水に変化するには「良い水」を飲む必要があるのです。

このことについては、別に詳しく説明したいと思いますが、簡単に良い水の条件をあげると、次の6つの項目を全て兼ね備えている水のことです

そして、これら7つの条件を全て兼ね備えているのが、これから紹介する「プロトン水」になるのです

良い水の7つの条件とは

  • 強い還元力を持っている(酸化還元電位が低い)
  • 有害な物質が十分に除去されている
  • PHはアルカリ性
  • 水分子集団(クラスター)が小さく均一である
  • 体内生体水と浸透圧濃度が近い
  • 高い溶解能力がある
  • 酵素の働きを高めてくれる

上記の7項目が、良い水とされてます。

そして、これら7つの条件を全て兼ね備えているのが、これから紹介する「プロトン水」になるのです。

プロトン水が良い水だと言える7つの特徴

プロトンとは、宇宙で最初に出来た物質でありますが、単独では真空状態以外に存在できません。

しかし近年の研究結果、真空以外にも、プロトンが唯一存在している場所があることがわかりました。

それが水の中!プロトン水です!

そしてなんと、このプロトン水といのは、「良い水」としての特徴を全て兼ね備えている水だったのです!

そんな、プロトン水にはいったいどんな優れたパワーがあるのかを、順番にみていきましょう!!

特徴その1 強い還元能力がある

還元力が強いとはどういうこと? 酸化還元電位って何?

「還元力が強い?」と言っても、どういう意味かよくわかりませんよね。

さまざまな水を比較する際の指標として硬度(ミネラル分)やph(酸性・塩基性)などが用いられます。

最近は、水酸化還元電位が低いかどうか?が良い水かどうかの指標とされることが多くなりました。

この酸化還元電位が低いということは、還元力が強いということになります。

プロトン水は非常に酸化還元位が低い水であり、すなわち強い還元能力を持った水になります。

別のページで、プロトン水の酸化還元電位について詳しく紹介しております。

プロトン水は、水素水よりも凄い抗酸化物質=還元剤です!

「酸化」と「還元」については、酸化還元電位のところで説明しておりますが、「酸化」とは電子や水素を失い酸素と化合すること(老化)であり、「還元」とは水素と化合する、酸素を失う、電子をもらう(若返り)ことでもあります。

そこで西洋医学では水素が注目されて、美容などで使われることが多くなり、若返りに過剰な期待をかけている人もたくさんいるようです。

元素や物質は絶えず酸化や還元によって安定しようとしており、酸化が進むと老化や病気に繋がるため、活性酸素を還元するのに、これまで様々な抗酸化物質が注目されてきましたが、その中でも水素は究極の抗酸化物質=還元剤であるため、これを飲料水にして利用しようと考えたのが水素水の始まりです。

けれど、水素は水に溶けにくい性質があり、溶けても数時間で溶け出てしまうという難点があります。そのため、水素水の効果が疑われるようになりました。

そこで、今注目されているのが、水素と同じく還元作用のあるプロトン水なのです。

水素と化合することで「還元=若返り」を図ることができると期待されているのと同じように、電子を与えられることも還元作用になるため、若返りの効果が注目されているのです。

さらに、活性酸素は、体内に取り込まれた酸素から発生するケース以外にも、外因的な要素で発生する場合もあります。

例えば、食品や日用品、工業原料なども、酸素が関与すると有害な反応を起こし活性酸素を生じさせ、酸化ストレスを発生させます。

これらの活性酸素を除去するためには、最も有効かつ強力なのは電子そのものと言われているのです

そんなことから、電子そのものであるプロトン水は、最強の抗酸化物質=還元剤であり、整体電池の人体に速やかに電子を与えて充電し、若返りを図ることができるのです。

特徴その2 有害な物質がしっかり除去されている

身体にとって有害な物質が除去されていることは、絶対的な前提です。

人の命を奪う毒物や、身体の中に溜まって重篤な病気を引き起こす重金属や合成化学物質、伝染病の原因となる細菌類などが、確実に取り除かれていなければなりません。

有害な毒素には、水道水に含まれる塩素やアルミニウム、塩素化合物の発癌性物質などがあります。プロトン水は、水を科学的に作り上げた特別な飲料水になります。

なので、独自のシステムで有害な物質が完全に取り除かれています。けれど、殺菌力が強すぎるのも問題があります。なぜかというと、善玉菌も殺してしまうからです。

水道水に入っている代表的な殺菌成分の「塩素」は、除菌・殺菌効果が高いため、病気や感染症を防ぐことを目的に病院の設備や学校のプールなどで使用されますが、濃度を薄くして水道水のような飲料水にも使用されています。

けれど、この塩素は、腸内細菌の中でも大切な「善玉菌」を殺してしまうほどの強力な殺菌力を持っているのです。

さらに、自然の水=いい水でもないことを知っていただきたいと思います。

現在、この地球上になるほとんどの水が、環境汚染の害に合っている存在だからです。

「天然水」「井戸水」「伏流水」「湧き水」「温泉水」は、自然の水だからとても安全だと思いいがちですが、汚染された水分が蒸発して、雲となり雨となってこれらの水に降り注ぐわけなので、実は非常に危険なのです。

環境省が選定している「名水百選」は、地元の人達がきちんと保全活動をしていることが条件とされておりますが、「水質検査を経た安全な飲み水」と言うわけではありません。

細菌や原虫が混入している可能性が大きく、化学物質を含んだ雨が混入している可能性は否定できないのです。

では、ミネラルウォーターなら安全だと思われるのではないでしょか?

結論から言えば、安全面でいえば、水道水の方がミネラルウォーターよりもはるかに勝っています。

というのは、日本の水道水の場合、安全を確保するために51個の水質基準項目と、26個の水質管理目標設定項目をクリアする必要があり、東京都に至ってはチェック項目は数倍にものぼります。

東京都の水道水はとても安全な水だと言われる由縁はその検査の厳しさをクリアした水だからです。

ところが、市販のミネラルウォーターにはチェック項目が少なく、しかも、合成化学物質の含有をチェックする項目がないのです。(特にバンコクのコンビ二で売っているミネラルウォーターはミネラルが入っていない、別のものが入っているという怖さがあります)

なので、地下に染み込んだ農薬や殺虫剤の合成化学物質を含んだままで販売されている可能性がとても高いのです。

ただ、バンコクの水道水は、一応、水質基準項目を満たしたとても安全な水なのですが、その水を運ぶ水道管が古くて塩素や菌まみれなので絶対に飲まないでくださいね。

特徴その3 PHはアルカリ性

PHとは、水がどのような性質を持っているのかを図るための数値です。

化学的にいうと、pHは溶液中の水素イオン濃度を表しており、ピーエイチやペーハーと呼ばれます。

0〰14までの数値があり、PH7(中性)を境に、数字が小さくなるほど「酸性」の性質が強くなり、数字が大きくなるほど「アルカリ性」の度合いが強くなります。

健康にとって良い水とは、アルカリ性の水を指します。

さまざまな調査・研究において、アルカリ性の水を常飲しているほうが、健康寿命につながるという結果が出ており、現在はこれが定説になっているのです。

なぜアルカリ性の水が体に良いのでしょうか?

人間の体は70%が水分で、その血液を中性(弱アルカリ性)に保つ必要があり、酸性の身体になってしまいますと「活性酸素」が活発となり、老化の進行が普通よりもより早く進む恐ればかりか、血管などの老化は血液に負担がかかるようになり大きな病気などにもなりやすいと言ってもいいでしょう。


どうして酸性の身体になってしまうのかといいますと、それは食生活に大いに関わりがあります。

現代は、欧米化した食事に、忙しさで外食などで済ませてしまうということから、肉類や麺などの穀物類が多くなり、食べ物によって身体が酸性化してしまうのです。

あた、アルカリ性の水には、カルシムやマグネシウム、ナトリウム、シリカなどのミネラルが豊富に含まれているのも特徴です。

水道水のPH 7〰8 中性 (緑色)

プロトン水のPH 10~11 アルカリ性(紫色)

特徴4 水分子集団(クラスター)が小さく均一である

クラ スター とは、 水 分子 の 塊 の ことです。プロトン水のクラスターは非常に小さく、そして均一です。

水分 子( H 2 O) は 1 個 の とき は「 気体」 です。液体 に なる には、 最低 でも 5 つ の 水 分子 が グループ を つくる 必要 が あり ます。その ひと 塊 の グループ の こと を「 クラ スター」 と 呼び ます。

この 塊 が 保た れ て いる のは 1 兆 分の 1 秒程度の短い時間であり、各 分子 は ものすごい スピード で お互い に くっつい たり 離れ たり し て い ます。その スピード が 速い ほど、 クラ スターは 小さく なりますが、逆 に ゆっくり で ある ほど大きく なっ て いき ます。

という こと は、 クラ スター が 小さい 水 ほど、 それ を 構成 する 水 分子 の エネルギー は 高く、 高い 活性力 を 持っ て いると言えるのです。そして、活性力の強い水ということは、イコール元気な水なのです。

プロトン水をNMR(核磁気共鳴装置)で調べると、普通の水に比べ水の分子集団(クラスター)が極めて小さいことが分かります。つまり、水の分子の結合 の数が小さくなって、細胞膜への浸透性が高くなり、結果として細胞の新陳代謝を向上することにつながります。

人間や動植物が活き活きするためには、細胞に張りがあって活発に動いていることが条件になりますが、まずは水(生体水)が細胞にしっかり浸透することが重要になるのです。

特徴その5 体内生体水と浸透圧濃度が近い

生理食塩水が人間の体液とほぼ同じ浸透圧濃度であることは良く知られています。

プロトン水も、この浸透圧濃度が人間の体液(生体水)に非常に近いため、浸透性が高く身体に吸収されやすい水なのです。そのため細胞への出入りがしやすく、健康への働きがより期待できます。

生体内の液体は、細胞膜を境にして、細胞内液と細胞外液とに隔てられています。細胞膜というのは、一種のフィルターのようなもので、液体は透過しますがそれに溶けている物質は通過するものとしないものとがあります。

小さな分子ですと、膜を通過して自然に拡散するものもあり、その場合物質は濃度の濃い方から薄い方へと移動し、内外の濃度差を均等に近づけるように働きかけます。

反対に物質が膜を通過できない場合、液体の方が薄い方から濃い方へ移動することによって、内外の濃度差を均等に近づけるように働きかけます。この濃度の薄い方から濃い方へ水を引っ張る力のことを「浸透圧」といいます。

よって、この浸透圧濃度が体液に近ければ、水の吸収は余分なエネルギーを使うことなくスムーズに行われることになります。浸透圧濃度を考えて適切な水分補給を心がけることはとても大切なことといえるのです。そんなことから、日常の基本的な水分補給において、浸透圧濃度が体液に近い濃度のプロトン水は、とても質の良い水なのです。

* 激しいスポーツをするときや、急激な暑さに対処する際には、浸透圧濃度を体液よりも低くすることで、プロトン水をより早く体内に吸収させることができます。プロトン水1ℓに食塩4〰5g、砂糖2〰30グラム程度を加えてもらうことで、血液の浸透圧濃度よりも少し低くすることができます。(ナトリウムに加えてブドウ糖が一緒に存在することで、より吸収が促進されます)

特徴その6 高い溶解能力がある

プロトン水は、体内に存在する水(生体水)に変換する余分なエネルギーを使わせないので、無駄なエネルギーを使うことなく、エネルギーが温存できるので毎日元気に過ごすことができます。。

人が食事で摂取した栄養や、呼吸により得た酸素は、体内に存在する水(生体水)の作用により細胞内へと運ばれます。また、細胞などから出る不必要な物質は再度、体内に存在する生体水の働きで速やかに体外へ運びだされます。

人に備わった機能の一つに、飲食から得た水分を体内で有効に使うための水に変化させる機能があります。その機能により作られる水がこの「生体水」なのです。

けれど、この機能が作用するためには、実にとても長い過程が必要となります。

普通の水やミネラルウォーターは、飲んでもそのままでは細胞には届かず、水の通り道(アクアポリン)を通って初めて細胞に届くのです。このアクアポリンを素通りすることはできません。

水が東京ドームの大きさだと例えると、アクアポリンはテニスボール程の大きさしかなく、とてもとても狭い通り道になります。

タイで言いますと「ソイ」に当たる通り道です。なので通り抜けるのに、とても時間がかかるのです。

摂取した水量の約1割が小腸で平均7時間かかって解離されて、やっとアクアポリンを通過できるようになると言われています。

つまり、一般の水は解離が不十分なので、直接的には細胞内には吸収されず、消化管で平均7時間かけて解離させ、小腸の壁から吸収されるという長い道のりを経る必要があるのです。

そして、この小腸で解離する力は加齢とともに落ちていきます。さらに、膨大なエネルギーと時間をかけても、取り込んだ量の約10%程度しか小腸に吸収されず、残り90%はバロック水(糞尿水)として8〰9リットルが消化管内に残ってしまうのです。

ところが、プロトン水は消化器官で解離する必要がない水=すでに解離された水であるため、クラスタが小さく、分子の配列が数珠繋がりのシグナルファイルであるため透過力が強く、狭いアクアポリンをすんなり通り抜けてしまいます。

つまり、体内で生体水に解離させるための余分なエネルギーを使わせないことになるのです。

特徴その7 酵素の働きを高めてくれる

私 たち の 体 の 中 には、「 酵素」 という もの が 存在 し、 現在 までに 5000 種類 以上の酵素があると言われています。

酵素は1種類につきひとつの仕事を持っており、私達が生命活動を維持するうえで重要な役割を担っています。

この酵素が仕事をするうえで不可欠なのが水です。水がないと酵素は働くことができません。

プロトン水は、この酵素の働きを良くする「酵素活性力」の高い水であり、酵素の質を高めてくます。

注) 酵素は体内で作られますが、体内で作り出す酵素の量は決まっており、外から補うことはできません。良く酵素を食べて健康になろうと言ったキャッチフレーズで酵素食品などが売り出されていますが、それらの食品をいくら摂取しても酵素の量が増えることはありません。大切なのは、酵素の質と活性力を高めることです。

プロトン水から作られた化粧水とクリームの販売

バンコクRENEスパでは、プロトン水をベースに開発されたローションとクリームを店頭で販売しております。(日本では医薬品)に指定されております

ローション 100ml(約2ヶ月分)2500バーツ

クリーム 100g(約2ヶ月分)3000バーツ

非常に酸化還元電位が低いため、お肌の活性酸素を除去する働きが高く、お肌を還元(若返り)させる力があります。現在、プロトン水はあらゆる還元物質の中でも群を抜いて還元力が高いと言われています。

プロトンウオーターの販売

バンコクでは、RENEスパの店舗において、プロトン水(1ℓ 200バーツ)で販売しております。日本で販売されているバディーと同じ生成器(グリーンボックス:下記のプロトン水物語で紹介しています)で作られたプロトン水です。

日本で購入される方は、Vadee(バディー)公式HP http://www.mpi.tokyo/products.html を参照ください。

プロトン水ローションを使用したメニュー

バンコクRENEスパでは、プロトン水及びプロトンローション&クリームを使用した下記のメニューをご提供しております。

プロトン水は世界中で脚光を浴びています!(プロトン水物語)

メキシコ湾石油流出事故の汚染海域をたった4ヶ月で浄化 (ブルーボックス)

プロトン水には、超プロトン水というものがあります。超プロトン水は、通常のプロトン水の上をいく超解離水であり、工業用の臨海水の値に匹敵するもので、通常では溶かせいない油や有機化合物、ダイオキシンなどを溶かす力を持っている水です。

この腸プロトン水は、史上最大の人災において、凄い働きを見せました。

2010年4月20日、アメリカ合衆国メキシコ湾において、BP社の石油掘基地が爆発るという人類史上最高の人災事故が発生しました。その際、同基地から大量の原油が海に漏出することとなりました。

それは3ヶ月で500万バレル(約78万キロリットル)というとんでもない量でした。

さらに1年2ヶ月後には、処理剤(界面活性剤)などによる化学的な二次郊外が汚染域一帯の魚介類や湿地帯などの生態系を瀕死の状態に追い込んでいました。

すでにこの時、汚染域はメキシコ湾のおよそ5%に相当し、北海道と東京を合わせた広範囲にまで広がりました。

そんな時、アラバマ州モービル市の要請を受けた化学者・水質学者であるBOB博士から、プロトンインターナショナルの水質浄化装置の開発担当チームに声が掛かりました。

そこで開発チームは「ブルーボックス」と呼ばれる鵜遺失浄化装置をメキシコ湾に設置し、わずか4ヶ月という短期間に汚染海域を浄化することに成功したのです。

このことはアメリカ環境保護庁などより高い評価を受けています。

さらにアメリカ政府11機関により追認されることとなりました。

水被害で苦しむ子供達を救ったプロトン水(グリーンボックス)

プロトン水は国連人道支援活動レスキュー180で使われている水です。

皆さんは、世界中に汚染された水が遠因で病気になったり亡くなったりする5歳未満の子供達が、年間180万人いることをご存知でしょうか?

大人を含めると、世界では水汚染が原因で年間400万人の命が奪われている現状だそうです。

プロトン水の生みの親である「社団法人プロトンインターナショナル」は国連の要請を受け、同社理事でプロトン物理学者の三浦晃先生が、「グリーボックス」というプロトン水生成器を作り、スリランカの国立病院にせぅちしました。

スリランカは、年間4万人もの子供達が水汚染亡くなっている国でした。

医師と連携した治療に、このグリーンボックスで生成したプロトン水を飲料水として提供することで、腎臓病の症状の改善や回復などに貢献することができたのです。

幼い子供には、特に大きな効果が認められ、スリランカ政府からも高い評価を受け、グリーンボックスはWHOからも認定を受けました。

スリランカの国立病院に設置されたグリーンボックスは、汚染された水を浄化し、さらに抗酸化物質の非常に高いプロトン水を生成します。

RENEでお出ししているプロトン水は、このグリーボックスと同じ原理で開発されたプロトン水生成器で作られたものです。

お水にまつわるお話をもっと詳しく知りたい方はこちら

バンコク リンパ&理学整体RENEスパのメニュー

コースについてのお問い合わせやご予約はコチラ

お電話
095-964-8484
(火〜日11:00~20:00:月曜定休)
*早い時間の予約をご希望の方は予約申し込み時にお伝え下さい

Line
こちらよりRENEのLineアカウント追加ができます
(施術中や定休日は場合により、お返事に少々時間がかかることがありますがお店の地図やアクセス方法等をお送りすることができるので大変便利です)
メール
renebangkok2014@gmail.com
(迷惑メール等に振り分けられてしまうことがたまにあることから、気がつかないケースがあります。またお客様のメールアドレスの種類によっては返信ができないアドレスもありますので、できるだけラインや電話でご予約をお願いいたします)

LINEで問い合わせ »